珍しく真面目に書いたためになるかもしれないコーナー

PHPで行こう!の巻


PHP(Hypertext Preprocessor)とは、HTMLファイル内に記述するタイプのスクリプト言語で、
CGIと違い、JavaScript的にHTML内に記述して、実行はサーバーで行います。
(ASPに近い。) Perl/CGIと比較して処理速度の高速化、サーバー負荷の低減が可能だそうです。


PHPフリースクリプトコーナーはこちら!

自分のパソコンでPHPを動かす方法はこちらっ!







PHPを他の言語と比較してみました。

言語 特徴 デメリット
PHP 各種DBとの連携を行うインターフェイスが標準装備されている
Apachと同じプロセスで動作するため、サーバーへの負荷が少ないと言われております。
サポートがない。
CGI版はPerlとほぼ同等の欠点を持っています。
落ちる時はWebServerもろとも落ちます。
Perl/CGI CGIとして動作
文字列処理に非常に優れる
多数のフリーウェアがあるので素人でも導入しやすい。
起動の度にプロセスが作られるので、非常に遅くなる可能性があります。
利用者が多いサイトでは導入しないほうがいいかも。
ASP サーバーサイドスクリプトとして動作
VBScriptが使えるので、MS系の開発者なら覚えやすいと思います。
WindowsNT系のサーバーを利用するので、頻繁にメンテナンスが必要と思われます。
VBスクリプトと一緒に書くとサーバーサイドなのかクライアントサイドなのか、わかりにくい(これは、わしだけかも(笑))
サーブレット/JSP 従来、クライアントサイドでアプレットなどとして利用されていたJAVAをサーバーサイドで動作。CGIと違って、一つのコンテナで多数のユーザーの処理を行うので効率がよく、サーバーの負荷も軽いようです。 動作環境構築が難解で素人向けではありません。(と、思った)
JSPは初回起動時にコンパイルを実行するのでとんでもなく時間がかかることがあります。

Perlなどの経験を経てPHPを触ってみるとその簡単さに驚きます。
PHPは今後、フリーウェアなどを中心に普及していくでしょう。
しかし業務分野では、サーブレット/JSPが伸びていくと推測しています。

Linux/Apache/PHPおやくだちサイト

Debian JP Project 完全フリーのDebianLinux情報サイト
日本語化Apacheサーバプロジェクト WebServerであるApacheの情報サイト
PHP日本語サイト PHP情報サイト。日本語リファレンスマニュアルあり。
日本PHPユーザー会 PHPの研究開発、国際化および普及促進を図る団体。ち〜むあくとも紹介して頂いています!